絢爛桜華
--------------------------------------------------------------------------------------------
作詞 R.U.I   作曲 篝劉
----------------------------------------------------------------------------------------------

1 凜(りん)と華開く桔梗(キキョウ)
  墜(つい)と華散って帰郷(ききょう)
  涙の雫振り払う菖蒲(アヤメ)
  紅く雫を零して殺め(あやめ)

  実り堕ち逝く花柘榴(はなざくろ)に口付けを一つ

  願わくば 想いよ夢幻の樹となって
  この地に鮮やかな華を散らせ

  薄紅(うすくれない)に飾られ
  月光に燈(とも)され
  色無き現世(うつしよ)に愚かな彩りを

  桜よ 刹那でも咲き誇れ
  美しくも残酷も
  やがては散り逝く為に

  芽吹け 新たなる生命よ
  そして華やかに舞い散れ
  一時(ひととき)でも彼等の瞳(め)に留まるよう


2 四肢(しし)に絡みつく野薔薇(ノバラ)
  死屍(しし)と辿る道は茨(いばら)
  鋭く棘で貫くは薊(アザミ)
  凍えた棘の笑顔で欺み(あざみ)

  狂おしく咲く黒桜(くろざくら)に餞(はなむけ)を一つ

  願わくば 祈りよ無限の樹となって
  この地に永遠の華を散らせ

  若緑に侵され
  宵闇に映ろい
  色褪せた想い出に華やかな幻想を

  桜よ 短き春を彩れ
  儚くも鮮麗に
  いつかまた花開く為に

  芽吹け 遙かなる生命よ
  そして華やかに舞い上がれ
  零れ落ちるこの涙を隠すように

あとがき

テーマは和風と桜。春をイメージしつつ、クリスマスイヴに布団に潜って携帯で打ってた記憶が。
普段はルーズリーフにひたすら文字を綴るんですが。
inserted by FC2 system